• tel:0120-525-689
  • LINEでお悩み診断
  • メールでお問い合わせ

  • 「目」の後遺障害。「目の後遺障害(視力障害・調整障害・運動障害・視野障害・まぶたの障害)」、「目の後遺症障害等級と慰謝料の目安」について解説します。

  • 目の後遺障害

目の後遺障害

目の後遺障害は、主に以下の5種類があります。

  • ・ 視力障害
  • ・ 調整障害
  • ・ 運動障害
  • ・ 視野障害
  • ・ まぶたの障害

視力障害

視力障害は、視力が下がったり失明したりすることです。視力障害の症状は、「視力低下」と「失明」の2種類があります。

視力低下は、眼鏡やコンタクトをして0.6以下が一つの基準です。これより低下すると、さらに後遺障害の等級が上がっていきます。

失明とは、眼球を失ってしまったり、明るいか暗いかがわかるだけ、というくらい視力が下がったりする状態です。

視力障害の検査

視力障害の検査には、万国式試視力表を使います。
万国式試視力表は、学校や眼鏡屋さんの視力検査でも使っている、Cの形をした大小の輪っかが並んでいて、穴が開いている向きを答える方法です。

また、視力検査の他にも、眼球が傷ついているか顕微鏡で調べる検査や、目に通っている神経の活動を観察する検査もします。

調整障害

目の調節障害は、ぼんやりとしか見えなかったり、文字が読みづらくなるといった症状を指します。
具体的に後遺障害として認められるのは、調節機能が健康な人の2分の1以下になった時です。

目の調節障害の検査

目の調節障害の検査は、眼調節機能測定装置(アコモドポリレコーダー)という専用の機器を使って測ります。

運動障害

目の運動障害では、うまく目を動かせないといった症状が出ます。
目だけを動かして見える範囲(注視野)が2分の1になる、あるいは目がうまく動かないことでモノが二重にブレて見える(複視)と、後遺障害の基準に当てはまります。

目の運動障害の検査

目の運動障害の検査は、ヘスコオルジメーターという機器を用いて検査します。

視野障害

視野障害では、見えている範囲が狭くなる症状が出ます。

視野障害の検査

視野障害の検査は、視野の広さを測るためのゴールドマン視野計という器具が使われます。

まぶたの障害

まぶたの後遺障害は、主に「欠損障害」と「運動障害」の2種類です。

欠損障害は、まぶたが欠けたり全部なくなったりしてしまい、白目が覆い切れなくなる状態を指します。また、まつ毛の2分の1以上がなくなっても、欠損障害です。

運動障害は、まぶたがうまく閉じられず、白目が覆い切れなくなると認められます。反対に目を開けてもまぶたが上がらず、瞳孔を覆ってしまっても運動障害に当てはまります。

目の後遺症障害等級と慰謝料の目安

目の慰謝料の目安

両眼が失明(1級)
2,800万
片眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になる(2級)
2,370万
両眼の視力が0.02以下になる(2級)
2,370万
片眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になる(5級)
1,400万
両眼の視力が0.1以下になる(6級)
1,180万
両眼の視力が0.6以下になる(9級)
690万
片眼のまぶたに著しい運動障害を残す(12級)
290万
片眼の視力が0.6以下になる(13級)
180万
  • 目に障害を負った際、頭部に強い衝撃を受けた方は、症状が目に見えにくい高次脳機能障害を負っている可能性があります!
  • 詳しく見る

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせ下さい

  • 電話
  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能:0120-525-689
  • メール
  • 無料法律相談のご予約

TOP

LINEでお悩み診断