• tel:0120-525-689
  • LINEでお悩み診断
  • メールでお問い合わせ

  • 「耳」の後遺障害。「耳の後遺障害(欠損障害・聴力障害・平衡機能障害・耳漏・耳鳴り)」、「耳の後遺症(聴力)の検査方法」、「耳の後遺症(平衡感覚)の検査方法」、「耳の後遺障害等級と慰謝料の目安」などについて解説します。

  • 耳の後遺障害

耳の後遺障害

耳の後遺障害は、主に以下の5種類です。

  • ・ 欠損障害
  • ・ 聴力障害
  • ・ 平衡機能障害
  • ・ 耳漏(じろう)
  • ・ 耳鳴り

欠損障害

欠損障害は、耳介(じかい)が欠けたり、全部なくなってしまうことです。
耳介の2分の1以上がなくなってしまうと、後遺障害に認められます。
欠損障害ではなく、醜状障害(見た目が悪くなってしまったこと)として後遺障害に認められることもあります。

聴力障害

聴力障害は、難聴ともいいます。聴力障害では、音が聞こえづらくなったり、声をうまく聴き取れなくなったり等の症状があります。

聴力障害の等級の基準は、障害が残ったのが片耳なら「1耳の聴力障害」、両耳なら「両耳の聴力障害」となります。

平衡機能障害

平衡機能障害は、「真っすぐ歩けなくない」や「めまい」などの症状が出ます。
めまいは耳だけが原因とは限りません。むち打ちの症状として現れることもあるので、耳を怪我していなくても注意が必要です。

耳漏(じろう)

耳漏は、耳の穴から体液が流れでてくる状態です。交通事故で鼓膜に穴があくと発症することがあります。

耳鳴り

耳鳴りは、健康な人でもときどき経験するかもしれません。音が鳴ってないのに、耳に音を感じる状態です。
自覚症状とピッチ・マッチ検査、ラウドネス・バランス検査の結果を合わせて、後遺障害に認められます。

耳の後遺症(聴力)の検査方法

聴力検査には大きく以下の2つの検査方法があります。

純音聴力検査

純音聴力検査は、どのくらい小さな音まで聞き取れるかを調べる検査です。オージオメーターという機器を使います。
検査結果には「〇dB(デシベル)」と書かれています。dBは音の大きさを表す単位です。
例えば、検査結果に「30dB」と書かれていたら、「30dBより小さな音は聞き取れない」ことがわかります。

語音聴力検査

語音聴力検査は、語と語をはっきり聞き分けられるか調べる検査です。スピーチオージオメーターという機器が使われます。
検査結果には「〇%」と書かれています。値が大きいほどよく聞き分けられる」という意味です。

耳の後遺症(平衡感覚)の検査方法

平衡機能障害の検査方法は、「立ち直り反射検査」と「偏倚検査」の2種類です。

立ち直り反射検査

姿勢を保つために、体が動いたときに元に戻そうとする働きが「立ち直り」です。
立ち直り反射検査では、たとえば気をつけの姿勢で立ったり、両足を前後にまっすぐ揃えて立ったりして、姿勢を保てるかチェックする検査があります。

偏倚(へんい)検査

偏倚検査は、体の動きに偏りがないか調べる検査です。
例えば、体の動きに偏りがあると、まっすぐ歩いているつもりでも、どんどん違う方向に向かっていくことがあります。

偏倚検査の中でも、検査方法はいくつか種類があります。
代表的には、その場で50回または100回足踏みをして、体の向きが何度かわるか測る方法や、目を閉じて縦にまっすぐ文字を書き、字がどれだけ偏るか観察する方法などです。

耳の後遺障害等級と慰謝料の目安

耳の慰謝料の目安

両耳の聴力を全て失う(4級)
1,670万
両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になる(7級)
1,000万
片耳の聴力を失う(9級)
690万
片耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になる(11級)
420万
  • 耳に障害を負った際、頭部に強い衝撃を受けた方は、症状が目に見えにくい高次脳機能障害を負っている可能性があります!
  • 詳しく見る

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせ下さい

  • 電話
  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能:0120-525-689
  • メール
  • 無料法律相談のご予約

TOP

LINEでお悩み診断