tel:0120-525-689

気になる後遺障害 脊髄損傷

脊髄損傷とは

髄は、脊椎の中を通り、全身に枝を出す中枢神経系をいい、多くの機能を司る重要な器官です。この脊髄を損傷してしまうと、手足のしびれや機能障害、重症の場合は四肢麻痺など、あるいは損傷部位以下の全機能の喪失が起き、最悪の場合呼吸困難で死に至る場合もあります。

残念ながら、脊髄は一度損傷すると修復・再生されることはなく、現代の医学でも決定的な治療方法はありません。医師の診断書には、脊髄損傷は以下のような傷病名がつけられることがあります。

  • 頚髄損傷
  • 胸髄損傷
  • 腰髄損傷
  • 中心性脊髄損傷 など

後遺障害等級

脊髄損傷の後遺障害等級は、どの場所にどのような麻痺が生じるかによって決まります。

麻痺とは、神経や筋肉組織の損傷・疾病により、運動機能または感覚機能が喪失したことをいいます。
麻痺には、運動神経が障害される運動麻痺と、感覚神経が障害される感覚麻痺があります。

脊髄損傷の場合、症状の程度などに応じて、第1級、第2級、第3級、第5級、第7級、第9級、第12級が認定されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

認定のポイント

①どの程度の麻痺が生じているか(高度~軽度)
②どの部位に麻痺が生じているか(両腕両足か、片足のみかなど)

これらの事項をしっかり立証し、適切な等級認定を受ける必要があります。
では、具体的には、どうすればよいのでしょうか?

画像の撮影

まずは、すぐに病院でMRI等の画像を撮影しましょう。
脊髄損傷であることの立証は容易ではありません。実は、後遺障害診断書に脊髄損傷と書いてあるだけで、器質的な損傷の立証ができていなければ、脊髄損傷としての後遺障害認定を受けることができません。

器質的に脊髄損傷が生じていることを立証するためには、まずはX-p画像、MRI画像、CT画像を撮影して必要な画像所見を得なければなりません。小さな損傷も見逃さないよう、できるだけ設備の新しい病院で、高解像度の画像を撮影されたほうがいいでしょう。

症状の記録化

適正な等級認定をしてもらうには、神経学的所見を得ることも必要です。脊髄損傷に由来する神経症状が生じていることもきちんと記録化しておきましょう。そのために、有意な検査には、以下のようなものがあります。

症状の記録化

膝などをゴムハンマーで叩き、身体の反射をみる検査

脊髄に異常がある場合、反射が過剰に強くなり、脊髄損傷を立証するうえで非常に有用な検査となります。

徒手筋力テスト

筋力がどの程度低下しているかをみる検査

重力と徒手による抵抗を用いて判定します。

筋委縮検査

左右の手足の筋力の周囲径を測定する検査

麻痺が続くと筋委縮が生じてきます。これらの検査の際には、医師に個人の意見もしっかり伝え、より精度の高い検査結果にしましょう。

気になる後遺障害関連コンテンツ

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせ下さい

  • 電話
  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能:0120-525-689
  • メール
  • 無料法律相談のご予約

TOP