tel:0120-525-689

死亡事故について

ご家族が死亡事故に遭われた場合、被害者の損害は、相続人が請求することになります。ご家族が、突然の交通事故で、お亡くなりになられた場合、家族の悲痛は計り知れません。

また、葬儀や、死後の対応に追われてしまわれることが多いかと思います。死亡事故の場合は、保険会社もそのようなことに配慮して、通常は49日が終了した頃に、示談の話を始めることが多いようです。

また下記に説明する死亡による「慰謝料」・「逸失利益」は非常に高額となるため、保険会社はとにかく減額しようと考えています。保険会社から呈示された金額で示談する前に必ず、交通事故の損害賠償に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

慰謝料の目安

死亡事故の慰謝料の目安

一家の支柱
2,800万円
母親、配偶者
2,400万円
その他(独身の男女、子供、幼児等)
2,000万円~2,200万円

葬儀関係費について

葬儀費用は、原則として150万円に限り、損害として認められます。 ただし、これを下回る場合に関しては、実費分となります。

なお、香典について損益相殺は行われず、香典返しは損害と認められません。

関連する後遺障害の解決実績と認定実績

  • 事例2
  • 弁護士の交渉で5,000万円での示談が成立

    信号のない片側2車線の道路の横断歩道を横断していたところ、右側から走行してきた車にはねられる。頭蓋内損傷、頭がい骨骨折。事故後に手術するが翌日、死亡。

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせ下さい

  • 電話
  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能:0120-525-689
  • メール
  • 無料法律相談のご予約

TOP