tel:0120-525-689

気になる後遺障害 RSD

RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

RSDとは、神経因性疼痛(神経系の障害等)の代表的なものです。
この病気は他質的所見に乏しいため、周囲に理解されにくく、また、医師にも誤診されやすいという問題点があります。しかし、RSDは認定されれば第7級、第9級、第12級の後遺障害等級に該当する可能性があります。

外傷が治っても痛みが引かない、ますます痛みが強くなるといった症状のある方は、専門の医師・弁護士に相談してみてください。

RSDの症状例

RSDの症状例には以下のようなものがあります。

  • 激しく焼けるような痛み
  • 患部の腫れ
  • 軽い接触にでも過敏な反応
  • 皮膚の変化(蒼白や乾燥など)
  • 骨の萎縮
  • 発汗の異常

RSDの進行度合

RSDの症状は、主に3段階に分けられています。

1段階(1~3ヶ月)

  • 受傷した場所に焼けるような痛みがある。
  • 筋肉の引きつり、関節のこわばりなど。
  • 常な体毛と爪の生育や血管の収縮。

2段階(3~12ヶ月)

  • 痛みが増し、腫れの広がる。
  • 体毛の生育が弱まる、爪のひび割れ、骨の萎縮が顕著。
  • 筋肉の萎縮、動きが制限される。

3段階(12ヶ月~2年)

  • 皮膚の変化と骨の萎縮が定着。
  • 痛みが悪化(手足全体に広がる場合もある)。
  • 動きが著しく制限される。

RSDの治療法

治療法の代表的なものとして、以下のものがあげられます。

神経ブロック療法

  • 星状神経節ブロック
  • 硬膜外ブロック
  • 神経根ブロック
  • 交感神経節ブロック
  • 局所静脈内交感神経ブロック等

抗うつ剤

疼痛などのために抑うつ症状がみられる場合 。

薬物療法

理学療法

  • 温冷交代浴
  • 可動域訓練
このRSDと類似した症状としてカウザルギーと呼ばれる傷病があります。 RSDとカウサルギーの症状は類似しているため、これらを総称してCRPSと呼びます。具体的には以下のように分類されています。

Ⅰ型(RSD)

神経損傷のない組織損傷に関連するCRPS。交通事故などで受傷して数週間経過後に発症する事が多い。

Ⅱ型(カウザルギー)

神経も巻き込んだ損傷に関連するCRPS。受傷直後に発症する場合が多い。

気になる後遺障害関連コンテンツ

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせ下さい

  • 電話
  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能:0120-525-689
  • メール
  • 無料法律相談のご予約

TOP