tel:0120-525-689

後遺障害について 不服がある場合

後遺障害の認定結果に不服がある場合

ここでは、後遺障害の認定結果に不服がある場合について、ご説明させていただきます。

損害保険料率算出機構から出された後遺障害等級の認定結果に納得いかない場合、手続きとしては、何度でも異議申立をすることができます。

しかしながら、セカンドオピニオンのドクターを別途立てて新たな医証を提出するなどしなければ、認定結果が変わる可能性はほとんどありません。

また、損害保険料率算出機構の認定結果に不服がある場合は、自賠責保険・共済紛争処理機構という機関に対して紛争処理申請(異議申立)をすることもできます。こちらは、一度しか申請出来ませんので、慎重に主張をまとめる必要があるといえます。

後遺障害等級認定結果は、被害者請求の場合には自賠責保険会社から、任意保険会社による一括払を利用している場合には任意保険会社から送られてきます。
ここで認定理由をしっかりと確認して、認定結果や認定理由に納得できない場合には、上記のような手続きを通じて異議申立を検討しましょう。

認定結果に不満であり、異議申立をしても納得する結果が得られない場合には、訴訟を通じた問題解決を目指すことになります。

交通事故問題を早期に解決するためのポイントのひとつは、後遺障害の等級認定の段階で適正な評価を勝ち取ることにあります。

後遺障害関連関連コンテンツ

相談無料・着手金ゼロ お気軽にお問い合わせ下さい

  • 電話
  • 携帯からも通話無料。24H受付、土日も相談可能:0120-525-689
  • メール
  • 無料法律相談のご予約

TOP